【公式】コンセプト|SHINTO CITY | JR線「さいたま新都心」駅徒歩5分|東京建物・住友不動産・野村不動産・近鉄不動産・住友商事・東急不動産の新築・分譲マンション

新都心の“幸せ”から考えた新しい街づくり SHINTO CITY

新都心の“幸せ”から考えた新しい街づくり SHINTO CITY新都心の“幸せ”から考えた新しい街づくり SHINTO CITY

資料請求
資料請求TEL現地案内図限定サイト
SCROLL
新都心から、日本の幸せを変えよう。
幸福な街、探してみました。
住みやすい街「さいたま市」。
「さいたま市」では、2009年より「しあわせ倍増プラン」を掲げ、市民がしあわせを実感できる都市の実現に向け、子育てや福祉、教育、安全・安心、環境など市民生活に密着した事業に取り組み続けています。
2018年の全20政令指定都市「幸福度」ランキングにおいて、基本指標では第1位、総合では第2位を獲得。
また、さいたま市による市内在住者へのアンケート結果では、「さいたま市は住みやすい」と答える人の割合が近年80%を超え続けています。
※出典元:東洋経済新報社「全47都道府県幸福度ランキング2018年版」寺島実郎(監修)/(一財)日本総合研究所(編)/日本ユニシス株式会社総合技術研究所(編)
幸福な街にふさわしい
「幸せ」って何だろう?
1万人の「幸せ」大調査2018
事実。人の数だけ、
幸せのカタチがありました。
教えていただきました。
“いちばん幸せを感じるときは、どんなとき?”
調査を実施し、最も幸せを感じるときとして挙げられた局面が、「家族や恋人との素敵な思い出」、その次に「家で過ごすとき」でした。心穏やかに、大切な人と同じ時間と場所を共有することが幸福の基準に欠かせないという想いが読み取れます。また「休日を楽しむとき」「自然とふれ合うとき」など、自分らしくリラックスできる時間も多くの方が幸福と捉えていました。
みんなの幸せをもとに考えた、新しい街づくり幸福論。さいたま新都心で、はじまります。

一人ひとりが、新都心の新しい街で、最高の幸せを叶えられるように。
それが、私たち「幸せの街総研」の願いです。

「幸せの街総合研究所」は、デベロッパーである 東京建物、住友不動産、野村不動産、近鉄不動産、住友商事、東急不動産の6社が、 街の幸福度を具現化するために設立した研究所です。
「街」を単なる建物や設備の集合体として捉えるのではなく「幸福を生み出す場」という意味で捉え、 幸福になれる街づくりとは何かを研究しています。

2018年4月 グループインタビューPhoto

資料請求いただいた方には、
「SHINTO CITY コンセプトブック」と
「限定サイト ログインパスワード」を
お送りいたします。

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。建物形状の細部、設備機器等は表現されておりません。表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な描き間隔をとって植えております。設計・竣工上の都合により、設定位置・樹高・本数等変更される場合があります。